転職活動について

転職活動

転職活動を成功させるためには、テクニカルなこともかなり多くの場所で試されます。
新しく就職をする企業にとって必要なスキルを本人が持っているかどうかは、自然に企業側が察してくれるわけではなく、就職を希望する側が積極的にアピールしていかなくてはいけないためです。
新卒で行う就職活動においては、学歴や学科という差はあるものの基本的に誰もが社会人経験がないところからのスタートになるので、本人のやる気や前向きな姿勢でスキル的に足りない部分を補っていくことは十分に可能です。
ところが中途採用となると、企業側にとってはより即戦力となる人材の方を期待しているので、就職をした場合にすぐにでも組織にとって役立つ働きができる人であるかどうかということが重要な採用のためのポイントになってきます。

ただし20~30代前半までの若手社員であれば、多少スキルや経験に不足を感じるような場合であっても、本人がかなり高いモチベーションを持っていたり、伸びしろを感じられる人材であればそれを強みに未経験の職種に転職をすることができるという例も多数あります。
ですが、新卒ではないということは最低限社会人として身につけておくべきビジネスマナーは備わっているだろうという前提はあるため、そこでよくないという印象を与えてしまうと、たとえ企業が指定するスキルや経験があったとしても、採用をためらわれてしまうかもしれません。

そこで以下のリンクから、転職活動を実際に行っていくときにつきあたる問題や、これだけは守っておきたい最低限度のポイント、さらにプラスアルファになる自己アピールの方法について、項目別に説明をしていきます。

転職活動をするにあたって知っておきたいポイント

面接
中途採用の場合に必要となる面接対策について説明します。
新卒時と違って、転職をするときにはそれまでどのような経験をして、どんなスキルが備わっているかということがかなり重要な採用のためのポイントになってきます。
適切な自己PRの仕方や、同じことを伝えるにしても注意しておきたい点などについて。

履歴書・職務経歴書
履歴書、職務経歴書の書き方についての説明です。
新卒時には履歴書とエントリーシートを作成しましたが、転職をするときにはそれにくわえてこれまでの職歴や経験・スキルを示す「職務経歴書」を作成しなくてはいけません。

転職マナーの見直し
転職をするときには、改めて自分の身に備わっているビジネスマナーについて見直しをしてみる必要があります。
新卒時に練習をした礼の仕方や、部屋に入るときのマナーなどを忘れてはいませんか?

転職支援サービスについて
志望する業界が既に決まっているなら、その業界に特化した転職支援サービスを利用するのが便利な方法です。
IT業界や医療看護業界、金融業界、飲食業界などそれぞれの専門的分野に特化した転職支援サービスがあるので、業界研究のためにもぜひ登録をしてみてください。