転職支援サービスについて

転職支援サービスを利用した就職も、現在ではかなり一般的な方法になってきました。

ハローワーク

以前までは転職を紹介してくれる団体・機関としては自治体によるハローワークだのみということになっており、受けられる支援の種類はかなり限定的なものになっていました。

ハローワークでは、基本的に求人情報は自分で検索をしてゆき、その中から希望に合いそうなものをピックアップして窓口担当者の人に仲介をお願いします。
ですが、このとき窓口で受付をする職員さんのほとんどは委託社員や契約社員として雇われている人材であり、決して就職仲介業のプロというわけではありません。
ですので、転職希望者の方が新しい就職先探しに迷っているような場合であっても、適切なアドバイスを受けられる可能性は極めて低くなります。

また検索をして表示される求人情報も、そのうちのかなりの割合は求人を出すことによって補助金を受けたいと考える企業の「カラ求人」であったりするので、そもそも転職のための活動そのものが無意味ということもよくあります。

 

サイト紹介

管理栄養士の転職にはこちらのサイト
金融業界の転職にはこちらのサイト
IT業界の転職にはこちらのサイト

 

ハローワーク以外の転職支援サービス

現在ではその欠点を埋めるべく就職支援サービスというものが数多く登場してきています。
就職支援サービスでは求人情報を公開/非公開のものに分け、職を探している人にとって見つけやすく情報を提供しています。

ほとんどの求人情報は公開情報としてサイト上に掲載されているのですが、そのほかにも非公開求人として、かなり条件がよい求人や特殊なスキルが必要とされる求人、またはあまり一般的に知られたくない新規プロジェクトのための人員募集といった場合に、サービスに登録してある人材に直接紹介をしていくというものがあります。

PC7

そのような非公開求人の仲介役となってくれるのは、転職支援のプロともいえる就職コーディネーターさんであり、登録時にカウンセリングなどを通してどのような職種で求人が出されているかというようなことを丁寧にアドバイスしてくれます。

現在就職支援サービスはかなり発展してきており、職種によって専門的に募集・登録ができる方式がとられています。
具体的には、金融業やIT業、また飲食業界などといった特殊なスキルや経験が求められる職種について、業界を限定してより絞り込みしやすい形で求人を集めているのです。
就職支援サービスは複数の企業が参入してきていますが、その中から特に評判のよいおすすめのサイトを以下に紹介します。