データで見る転職

情報収集

データでみる転職活動において最も大切なのは「情報収集」です。
数多く出されている求人情報の中から自分にあった職種はどれかを具体的に選定していくためには、その企業や職種の実態についてきちんと把握ができているかということが大切になってきます。
また、転職活動中に必ず経験するのがその企業の人事担当者とのやりとりです。
自分としてはよかれと思ってやっている自己アピールも、もしかしたら本当に人事担当者が知りたいと思っているポイントとは少しずれたものなのかもしれません。
他にも、自分が希望している業界・業種は本当にイメージどおりの職場であるかということや、転職先としてより人気が高いのはどのような起業家ということも知っておくと、より総合的に転職活動先を選んでいくことができます。
さらには転職をしたいと考えている人ならでは感じる企業への不満や、活動中に感じる不安要素といったことも、できれば参考として知っておきたいですよね。

統計として出されるデータからは、現在の転職に関する幅広い項目の一般的な傾向をつかむことができます。
転職や就職活動についてはかなりの企業や自治体が本腰を入れて取り組みをしているので、データとして出される情報には信頼性があり、次の就職先を見つけるための大きなヒントとして扱うこともできます。
データは客観的な数値であるため、時に自分ひとりでしてしまっている思い込みを正すための第三者的な目としても利用ができます。
以下のリンクからは、転職活動をしている人たちが知りたいと思っている項目についてわかりやすくまとめた統計を紹介していきます。
また、データから読み取ることのできる事項についても簡単に説明を付け加えていきますので、ぜひ一つの参考にしてみてください。

データでみる転職について

転職する理由

転職する理由ランキングを紹介します。
転職活動においては面談などでは、建前(?)として前向きな理由が語られますが、実際のところ何に最も問題を感じて離職という選択をしてしまうのでしょうか?
その本音をさぐります。

転職人気企業

転職したい企業ランキングを紹介します。
特に若手社員にとっては、より自分の能力を生かしていける職場が求められていますが、今もっとも注目を受けているのはどの企業なのでしょうか。

業種・業界別平均年収ランキング

業種別・業界別の平均年収のランキングについて紹介します。
憧れの職業は誰しも一つくらいはあるかと思いますが、現実的には収入や待遇面は案外実態として知られていないことが多いようです。
安定性や収入・待遇が比較的よい業界とはどこかをまとめます。

採用担当者が重視するポイントは

採用担当者が中途採用で重視する点について。
転職活動をするときには、面談の相手となる人事担当者がどのようなことに重点をおいているかという意見は大変参考になります。