採用担当者が重視するポイントは

ポイント

就職活動の最後の難関となるのが、採用担当者との面接です。
中途採用の場合、転職の手順としてはまず書類を募集要項に従って作成して送付します。
その中から書類選考をして、必要なスキルがあると思われる人に対して面接の連絡を行います。
面接を通してその人の人柄やビジネス能力、それまでのキャリアについて確認をとったのちに、最終的な内定を出すかどうかの判断をしていきます。
面接は新卒・中途にかかわらず大事な採用のための対策となるので、就職支援系のサイトや書籍、セミナーなどでコツなどが多くまとめられています。

ですがそれらの対策をその通りに行ったとしても、必ず採用に至るというわけではないようです。
確かにスキルや資格、経験などは採用を決定づけるための重要な要素になりますが、それがあるからという理由だけで採用が決定されるわけではありません。
人事採用担当者が面接のときに重視するポイントは他にも、その本人の熱意やポテンシャルがどの程度備わっているかということが挙げられます。

自己分析

転職をするということは前職をやめているというわけなので、なぜ辞めるという行動をとり自社を選んで転職しているかということをきちんと知っておかなければ、またすぐ辞められてしまうことにもなりかねません。
そこで、より仕事に対して前向きな姿勢を持ち、仕事を行って行ける人材であるかどうかという部分を採用担当者はより重要視しているのです。