失敗事例

企業選び

失敗事例転職活動を行った結果、満足のいく就職先を見つけることができたという人もいれば、反対にこんなはずじゃなかったと後悔を感じてしまう人もいます。
転職をするときにはかなり大きな労力がいりますし、現在の時世のため想像以上に長期化をしてしまったりして精神的に疲弊してしまうこともあります。
ですがなかなか思うようにいかないことに焦りを感じ、転職先としての企業選びを誤ってしまうとまた近い将来に別の転職活動をしてしまうことにもなったりします。
そうならないように、あらかじめありがちな転職失敗例について調べておき、事前に対策をとれるようにしておきましょう。

まず転職活動をする上で大切なのが、できるだけ新しい就職先を決めてから退職をするということです。
転職活動をするときには先に前職を辞めて時間を十分に作れるようにしてからやりたいと思うところですが、辞めてすぐに新しい仕事が見つかるとは限りません。
勢い良く退職をしてみたものの、仕事が決まらずに2~3ヶ月も経過してくると次第に気持ちが萎えてきてしまうので、ズルズルと無職の期間が長引いていってしまいます。
仕事をしながらの転職活動は時間的に無理という人もいるかもしれませんが、一度退職をして仕事をしない期間を作ってしまうと、緊張の糸が切れてしまい仕事をするという感覚が薄れて転職活動に身が入らなくなってしまうこともあります。
自分で時間を十分に作れないときには、転職支援サービスなど便利なツールが現在はたくさんあるので、それらをうまく使って情報収集をしていくようにしましょう。
無職期間が数ヶ月になると、転職活動で面接になったときにその空白期間に何をしていたかという質問に応えにくくなってしまいます。

失敗例

転職をしてみたものの思うような仕事でなかったというのもよくある失敗例です。
ありがちなのが、事務系の職種からクリエイティブ系や広告・宣伝系への転職をするといった場合です。
クリエイティブ系や広告・宣伝系の仕事は確かにやりがいある仕事ではありますが、その分実力主義的な側面も強く、時にはかなり長時間の仕事をしていかなくてはいけなかったりします。
長年の憧れの職種につけたはいいけれど、プライベートでほとんど時間がとれなくなったり、クライアントなどから厳しい叱責を受けたりということがつらいと感じるようなこともあります。
新しい仕事を選ぶときには漠然としたイメージで選ぶのではなく、そこで実際に働くとなったらどのような問題が起こるかということもしっかりと想定しておきましょう。

転職に失敗した!と感じたときには、前職に戻りたいというふうに思うかもしれません。
ですが前職への出戻りはかなり心象も悪く、もし再度転職をしなおしたとしても以前までと全く同じ処遇に戻れるとは限りません。
むしろいづらさを感じて結局長続きできなかったというキャリアの崩壊を招いてしまうこともあります。
転職をするときにはきちんと覚悟を決め、どのような結果になっても自分で決めたことだと胸をはれるように心を強く持ちましょう。