資格について

提出書類

資格試験転職をするときには、できるだけ提出書類を魅力的なものにしたいところです。
そのためこれから転職活動をしようとする人は、新たに資格を取得して履歴書を埋めたいと考えます。
確かに資格はその人材の能力を客観的に示してくれるものであり、同時にその人が真面目に勉強をして合格という成果を出すことができるということを証明してくれます。
企業側にとっても広い知識や技術を持った人を採用できれば以後の営業戦略にも役立たせることができるので期待は大きくなります。
ですが気をつけたいのが、ただ資格を取得していればそれだけで有利になるというわけではなく、転職先となる企業の業務に役立つ自分のキャリアに合ったものにするということです。
中にはただ闇雲に履歴書欄を埋めるためだけに複数の資格を取得することを目指す人がいますが、それではむしろ反対にマイナスイメージとして採用担当者に受け取られてしまうことがあります。

まず直接的に役立つ資格としておすすめなのが、実務的に役立つ知識や技術を備えるものです。
業種にもよりますが営業系や事務系の職種の場合、フィナンシャルプランナーや社会保険労務士、宅地建物取引主任者、日商簿記などの簿記資格などです。
これらは企業を運営していくときに必要不可欠な会社組織としてのしくみを理解できるものなので、営業や事務の仕事をするときにはその知識があるかどうかで将来の伸びしろが大きく違ってきます。
特に経理職にとっては簿記の資格はほぼ必須となっていることが多いので、経験者の人であっても取得を目指してみるのがよいでしょう。
また宅地建物取引主任者は不動産関連の業種に就職するなら、将来的に目指すことになる資格です。
事務所・営業所においては一定の人数に有資格者がいなければならないように法律で定められているので、取得をしておいて全く損はありません。

資格取得

資格を取得するときには、より難易度の高い資格の方が有利にはなりますが、かといって必ずしも高難易度の資格をしなくてはいけないというわけではありません。
むしろ難易度の高い資格を目指すことにしてしまったばかりに、資格を取得することが目的になってしまい肝心の就職活動を前に燃え尽きてしまうということもあります。
資格は就職活動においては確かに重要な意味を持ちますが、それがあるから絶対に有利になるというわけではありません。
自分のキャリアをアピールするための道具という意識を忘れず、適した資格は何かを選んで取得していくようにしましょう。